2011年05月29日

医療関係者:海軍が漁船に発砲して3人負傷

2011年05月27日金曜日

ガザ市 (Ma’an) -- イスラエル海軍が木曜日、漁船に発砲し、パレスチナ人3人が負傷したと、医療関係者は語った。

漁師たちが、中程度の負傷の治療のため、アッシーファ病院に運ばれたと、医療関係職員、アドハム・アブシルミーヤは、語った。

(略)

全文:Ma'an News Agency

関連記事(ヴィデオ含む、2分29秒):「ガザの漁師たちが海上封鎖に抗議」Press TV

2011年05月26日木曜日
Ashraf Shannon
Press TV, Gaza

ガザの漁師たちは、イスラエルの海上封鎖に対し抗議するため、漁師埠頭で座り込みをした。イスラエルは、いわゆる1993年オスロ和平合意の下、ガザ領海の軍支配を保持し、漁船に最大20海里まで地中海航行許容を合意した。

しかしこの10年、ガザの漁師たちは、最大3マイルの狭い海域でしか、漁をできないできた。ガザの漁師たちは、殆どの場合、3海里ゾーン内を航行するが、それにも拘らず、彼らは、増加するイスラエルの発砲と攻撃の下におかれてきた。

(略)

 ガザの漁師たちの苦難の記事を掲載する度、その苦難を課すイスラエル軍の医療団が、大震災を受け、やはり東北の漁村、南三陸町に入ったことを忘れることはできない。わたしは子どもの頃、12歳まで仙台で過ごし、15歳まで気仙沼で過ごしているから、三陸の海は近しいし懐かしい。数年前気仙沼を訪ね、海岸線を走るローカル線に、波打ち際が迫ってきているのに驚いた。震災後、気仙沼の友人に電話して、わたしが曾て住んだ場所にも津波が届いたと知り、流された共通の知人を悼んだ。そのうえでなお、南三陸町はイスラエル軍医療団を受け入れるべきではなかったと、わたしは思う。


posted by mizya at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。