2011年05月29日

調査:入植地に188億ドルの価値

経済センターが、国が撤退する結果、西岸のユダヤ人家屋の金銭的価値の評価報告を発表。67年ラインに回帰するオバマの呼びかけに続き、合致する報告が発表されなかったと主事

Shosh Mula
2011年05月27日

Macro政治・経済センターによる新調査は、西岸入植地が現在188億ドル相当と明らかにしたと、Yedioth Ahronothは金曜日に報じた。

(略)

全文:Ynet news.com

 だからいったい何なのさ、といった記事。1991年、ニッポンは米国に135億ドル支払った。最初、40億ドル、次に90億ドル、ニッポンは「円で提示した」と突っぱねていたが、米国に為替差損をごねられて、さらに5億ドルもぎ取られ、計135億ドル、これは湾岸戦争で、イスラエルが米国に「我慢料」として請求した金額に合致する。自民党、海部政権下でのことだ。イスラエルが手にした「我慢料」と撤退費用は大差ない。
 原発事故を起こしたTEPCO(東京電力)が支払う保証金が2兆円とか、1ドル80円で換算すると160億ドル、この金額とも大差ない。最もTEPCOは、社員の給料もボーナスも減額したくないそうで、電気料金値上げで乗り切るつもりらしいが、ふざけるな、事故を起こした原発周辺住民は仕事を失い、給料もボーナスもないまま放射能に曝されている。


posted by mizya at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。