2011年05月29日

G8指導者らが中東声明で1967年境界への言及を省く

2011年05月27日

外交官らは、イスラエル-パレスチナ和平会談再開を呼びかける、世界指導者らにより発表された声明での、1967年境界への明白な言及に、カナダが反対したと語る。
Reuters

カナダが、1967年境界への明確な言及に反対したので、G8の指導者らは、イスラエルとパレスチナに交渉に戻るよう促す声明を和らげたと、外交官らは金曜日、語った。

カナダの右寄り保守政権は、2006年に、カナダは損失が何であれイスラエルを支持すると語るStephen Harper首相が、政権について以来、国際交渉で、忠実な親-イスラエルの立場を採用してきた。

(略)

全文:Haaretz.com

 だから2006年以降、わたしはカナダに行かないし、メープルシロップも買っていない。味噌も醤油も豆腐も油揚げも国産大豆100パーセント、遺伝子組み換えの大豆は口にしたくない。しかしながら放射能汚染で選択肢はますます狭まる。放射能によるDNA損傷とはつまり、わたしたちの遺伝子が組み替わることなのだ。

関連記事:「LiebermanがG8で1967年境界への反対でカナダ首相に感謝」Haaretz.com
2011年05月27日

指導者らの最終コミュニケで、イスラエルの1967年以前の境界に言及しないとHarperが主張した後、外務大臣は「カナダはイスラエルの本当の友人」とカナダ首相、Stephen Harperに語る。
Haaretz Service

(本文翻訳省略:内実はないので)

 Liebermanに感謝されるほどの不名誉はない。


posted by mizya at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。