2011年05月31日

イスラエルがラファ再開非難

2011年05月29日

エルサレム (AFP) -- イスラエル大臣は、日曜日、テロリスト集団が検問所を通して兵器や人びとを自由に移動できると警告して、ガザとのラファ国境検問所を再開するエジプトの決定を非難した。

(略)

全文:Ma'an News Agency

関連記事:「ガザ国境検問所はヨーロッパ・オブザーバにとらわれずに存続するとハマース職員」Haaretz.com
2011年05月29日

集団のal-Aqsa Radioと話して、高官は、2007年以来沿岸飛び地を支配するハマースが、ガザのラファ検問所を管理できると立証したと語る。
DPA

ハマースは、エジプトとの新たに開かれた国境検問所を管理するために、国際的オブザーバを求めないだろうと、闘士集団高官は、600人ほどが新たに開かれた国境を利用した日曜日、語った。

ガズィ・ハマドは、パレスチナが、イスラエルとの2005年取引で規定された、議論ある検問所へのヨーロッパ・オブザーバの即時復帰は必要ないと見ていると語った。

1876911199.jpg
ガザ回廊南部、ラファ検問所でエジプト係官に父親のパスポートを提示するパレスチナ少年。2011年5月28日
Photo by: AP

「パレスチナは、ラファ検問所を管理する能力を立証した」と、事実上のハマース政権の副外務大臣でガザ国境当局のトップ、ハマドは語った。

(略)

 ハマースの武装部門が活動しなかったとはいわないが、イスラエル占領軍が殺戮してきたパレスチナ人の数があまりに多いので、相対的に、ハマースには武装部門さえないようにみえる。もともと学校や病院の設立、貧困者への支援からハマースは始まった。そのハマースを「テロリスト集団」に指定するのは、「ユダヤ人問題」をアジアに押し付けたい欧米に思惑あってのことだが、殺戮数を基準にするならイスラエルの方が比べるべくなく「テロリスト集団」だ。
 haaretzはイスラエル紙、Ma'anが転載するAFPはフランス通信社だ。


posted by mizya at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。