2011年06月02日

破壊、破壊、破壊、破壊ばかり

イスラエル占領軍がヨルダン渓谷の構造物13棟破壊
2011年05月31日

ジェニン、(PIC)-- イスラエル占領軍 (IOF) は、軍用ブルドーザを、ヨルダン渓谷北部、サルト渓谷のアル-ファリシーヤとアル-メイタ地区に運び、アラブ・ベドゥイン所有の構造物13棟を破壊した。

軍は、家屋がイスラエル軍事キャンプから遠く離れていたにも拘らず、ベドゥインが何年間も住んできた上サルト渓谷のアル-メイタの家屋8棟を押し潰した。軍は、近隣、アル-ファリシーヤの建物もう6棟を破壊した。

(略)

サルト渓谷は、暖かく豊富な水資源により特徴づけられる。それはまた、トゥバスとタムーン地方の多くの農夫にとって、貴重な農業・牧畜地域だ。そこに住むベドゥイン小村と共同体、5つがある。

IOFは、2010年4月、地元住民に、その地域を軍事閉鎖区域と宣告し、パレスチナ人に、そこを歩き回ったり土地を使用することを禁止する通知を手渡した。

全文:The Palestinian Information Center

アッラサシ地区で家族が家屋の自身-破壊
2011年05月30日月曜日

シルワン、エルサレム (SILWANIC) -- パレスチナ人家族は、東エルサレム、旧市街とオリーヴ山の間のアッラサシ地区に彼らが所有する家屋の破壊を強いられた。家屋所有者、マフムード・アラミンは、破壊費用をまかなう巨額な罰金と、そしてアラミンに6カ月の懲役刑の危険を負わす可能性を招くだろう、自治体による破壊を避けるため、彼自身での破壊を決めた。(略)

全文と画像3点:Wadi Hilweh Information Center - Silwan

イスラエル軍がカルキリヤの店舗を破壊
2011年05月30日月曜日

カルキリヤ (Ma'an) -- イスラエル軍は、月曜日、西岸北部、カルキリヤ東のジンサフト村の建築供給店舗を破壊した。

店舗所有者、ユーシフ・アブスッカルは、イスラエルのブルドーザと軍用ジープが到着した時、店舗にいたと語った。

アブスッカルは、軍が建物を破壊し始める前、店の中身を除くのに、彼に10分与えたと語った。

(略)

全文:Ma'an News Agency

イスラエル軍がカルキリヤ近くで家屋と納屋を破壊
2011年05月30日月曜日

114920_345x230.jpg

カルキリヤ (Ma'an) -- イスラエル軍は、月曜日、カルキリヤ南部のベドゥイン村、アラブ・アブファルダで、家屋と納屋を破壊したと、地元住民は語った。

(略)

全文:Ma'an News Agency

アーカイヴ:OCHA報告:イスラエルが占領後東エルサレムの1/3を強奪(05月11日)


posted by mizya at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。