2011年06月12日

米国活動家たちがガザへのイスラエルの封鎖を破る準備

Alex Kane
The Electronic Intifada
2011年06月10日

110610-us-boat-gaza.jpg
合衆国中の活動家たちは、ガザへの米国船のため基金集めを組織した。(US Boat to Gaza / Flickr)

最近の何週間かは、小艦隊でイスラエルの封鎖を破るための国際的活動家たちの努力が熟する時、ガザ封鎖に関する更新された注目を見た。

イスラエル政府は、小艦隊にはテロとの結びつきがあると主張して、宣伝活動に邁進し始めた。合衆国政府は、国務省報道官が、今月早く記者たちに「イスラエルのガザへの海上封鎖を破ろうとする集団と個人は、無責任で挑発的行動を取っている」と語り、封鎖反対に従事する活動家たちに警告した (国務省記者会見、2011年6月1日) 。

しかし小艦隊は、今、ヘッドラインになり始めただけで、それは長い間従事されてきた。

小艦隊に加わるアメリカ船のための組織は、1年前に始まった。2010年5月31日、イスラエルのガザへの封鎖を破ろうとしたトルコのマヴィ・マルマラ号に乗船の活動家9人を、イスラエル軍が殺した10日後、何百人もの人びとが、攻撃に関する報告のためマンハッタン教会の地下に流れ込んだ。皆の心にあったひとつの質問は「わたしたちは、次に何をすべきか?」

(略)

全文:The Electronic Intifada


posted by mizya at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。