2011年06月14日

報告:ガザ封鎖は反生産的

回廊に関する経済的締め付けを調査したUNRWA報告は、イスラエル政策がハマースに対して無効と示す

Elior Levy
2011年06月13日

国連パレスチナ難民救済事業機関 (UNRWA) は、月曜日、地域の経済状況を調査した報告で、ガザ回廊に対するイスラエルの封鎖を非難した。

封鎖の5年間で、ガザの失業率は45%を超え、世界で最も高いひとつとし、イスラエルの課した回廊への経済締め付けが、効果もなければ反生産的と考えられると、報告は述べた。

(略)

「これらは混乱させる傾向だ」と、UNRWA報道官、Chris Gunnessは語り、「ガザでのハマース権力を減じる形態なしに、潜在的に生産的な人びと何百人もを貧困に故意に運命づける…イスラエルの封鎖の論理は理解しがたい」と付け加えた。

「2007年以来、ハマースは公共部門雇用をおよそ20%増加させてきたと、わたしたちの調査は示す」と、同時に多くの民間部門の職業が消え失せたと言及し、彼は付け加えた。

報告は、総体的に、ハマースが、70%以上の有効な職業を住民に提供する回廊随一の雇い主になったと締めくくった。

「禁輸政策の目的が、ハマース政権を弱めることにあったなら、公的雇用数は、それが失敗したと示す」と、彼は語った。

全文:Ynet news.com


posted by mizya at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。