2011年06月14日

省:不足のためガザで手術が取りやめられた

2011年06月10日金曜日

ガザ市 (Ma'an) -- ガザの医師たちは、医薬品と補充品の深刻な不足のため、手術の取りやめを強いられてきたと、保健省官僚は、金曜日に語った。

省次官、Hasen Khalefは、眼科手術、血管と神経に関する手術が、医薬品の不足で取りやめられたものにあったと語った。

ガザ保健省大臣、バシム・ナーイムは、子どもたちの手術、心臓カテーテル、腹腔鏡下手術、骨と神経の手術を含む - 予定されていた手術が止められるだろうと語った。

(略)

水曜日、ガザ保健省は、医療品不足のため、非常事態を発表した。

(略)

包囲の沿岸飛び地の保健大臣は、迫る危機を避けるために介入するよう、人権組織に求めた。

全文:Ma'an News Agency

アーカイヴ:2011年2月9日、イスラエルが故意にガザの医療品供給建物を爆撃 - ケン・オキーフ(02月10日)


posted by mizya at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。