2011年06月15日

ユニセフがパレスチナの子どもたちに対するイスラエル攻撃のエスカレーション監視

2011年06月12日

ラマッラ、(PIC)-- 日曜日に発表された国際報告は、2カ月の期間に渡り、パレスチナの子どもたちへのイスラエルの標的の著しい増大を監視した。

ユニセフは、その報告で、2011年3月と4月で、イスラエル占領軍が、少女ひとりを含むパレスチナの子ども10人を殺戮した一方、少女4人を含む117人を負傷させたと述べた。

報告は、子ども3人が殺戮され、64人が負傷した2011年1月と2月の2ヵ月と比べ、数字が鋭い上昇を示したと指摘した。

報告は、緩衝地域で殺された3人を含み、ガザ回廊で子ども6人が殺戮されたと述べた。

(略)

全文:The Palestinian Information Center

アーカイヴ:ユニセフ:イスラエルが児童権利条約違反(2010年11月26日)


posted by mizya at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。