2011年06月28日

ガザ小艦隊活動家:わたしたちの船のひとつが破壊された

2011年06月27日

イスラエル活動家は、ギリシアのピレウス港に停泊していた彼の船が、破壊の計画的企てと思われる、プロペラ・シャフトが壊されたのがみつかったと語る。
アミラ・ハス

ガザ小艦隊に参加することになっている船のひとつが、ギリシアのピレウス港に停泊されている間、計画的にいじられたと、ガザ小艦隊活動家は、月曜日、Haaretzに語った。

ギリシア・ノルウェー・スウェーデンの乗客をガザに運ぶことになっていた船は、プロペラ・シャフトが壊されて見つけられたと、船のスポークスマン、イスラエル人活動家、 Dror FeilerはHaaretzに語った。

毎日船を調べるスキューバダイバーは、月曜日、船内のトランスミッションを直接プロペラに接続する、船のプロペラ・シャフトが切られたと発見した。

Feilerによると、行為は、彼がまた、ギリシア主権への違反と考える破壊の計画的企てあることに疑いない。

問題を修理できるとしても、ことさら、最近宣言された火曜日と水曜日のギリシアのゼネストで、どれくらいかかるかはまだ不明だ。

(略)

全文:Haaretz.com

アーカイヴ:イスラエル諜報員とおぼしきものらが自由小艦IIの船のエンジン破壊を試みる(06月26日)


posted by mizya at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。