2011年06月28日

報告:ガザ小艦隊がエル-アリーシュで積荷を荷下ろしできるとイスラエル・エジプトが合意

2011年06月27日

小艦隊が、調べられた後陸路ガザに輸送される、エジプトのエル-アリーシュ港での積荷の荷下ろしを許されるだろうと、Israel Radioは伝えた。
Haaretz

イスラエルとエジプトが、ガザ小艦隊に参加する船団が、調べられた後、陸路ガザ回廊に輸送されるだろうエジプトのエル-アリーシュ港で、その積荷を荷下ろしするのを許されるだろうとの理解に達したと、Israel Radioは月曜日、報じた。

(略:う〜ん、疑わしい、つい最近の、マレーシア船の塩化ヴィニールパイプはガザに届いたろうか?)

治安当局と外務省代表は、イスラエルが、テロリストあるいはテロ集団と提携する誰かが小艦隊に加わわる計画をしていると示唆する情報を持っていないと内閣に知らせたと、政府筋は語った。それにも拘らず、イスラエル軍と乗船のアラブ人活動家たちの間に衝突があるかもしれない。

(略)

500人ほどが、現在ギリシアに停泊する6隻か7隻の船を含むだろう小艦隊に乗船すると予想される; いつ出航するかは不明だ。ギリシア当局は、イスラエルと合衆国に、できる限り長く小艦隊を保持するよう求められてきた。船がギリシアから出航するなら、それらは、スペインとフランスから既に出航した2隻か3隻と会い、ガザ海岸に向かって続くだろう。

小艦隊に参加しないとの、トルコ集団、IHHの2週間前の発表は、予期された抵抗に関する防衛機関の見解を変えた。IHHメンバーは、2010年5月の小艦隊でのマヴィ・マルマラ号の海軍による拿捕に暴力的に抵抗し、彼らの9人が衝突で殺戮された。さらに、マヴィ・マルマラ号がこの小艦隊に加わらないので、イスラエルが引き返させるため乗り込む必要のない可能性を広げ、より小さい船団だけが含まれるだろう。

(略:イスラエル海軍はつまり、小さな舟なら問題ないが大きな船は怖いので暴力的になるということだろうか)

全文:Haarez.com

 さすがはイスラエル紙、イスラエル軍の発表を鵜呑みにしている。というわけで、マヴィ・マルマラ号襲撃の記事をいくつか、あまりにたくさんありすぎて...

アーカイヴ:国連:「マヴィ・マルマラ」で殺戮されたふたりは撃たれた時カメラを持っていた(2010年09月28日)
     :小艦隊船は弾痕を隠すため「塗装された」(2010年08月09日)
     :小艦隊ジャーナリストがイスラエルを告訴(2010年07月16日)


posted by mizya at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。