2011年06月30日

小艦隊:国の官僚たちさえネタニアフやイスラエル国防軍が嘘を振りまくと語る

2011年06月29日水曜日
Noam Sheizaf

政府筋によると、軍は、小艦隊活動家が暴力的抵抗を計画しているといういかなる証拠も持っていないにも拘らず、兵士らの殺害を共謀すると、公的に非難する

DSC06482.jpg
イスラエル国防軍兵士らと遭遇のため兵器を準備する小艦隊活動家たち (photo: Mya Guarnieri)

イスラエルの主導的ふたつの日刊紙の昨日のトップ記事は爆弾だった:イスラエル国防軍は、ガザ到達から船団を止めようと試みる兵士らを殺す小艦隊乗客による計画を明かした。

(略:Yedioth Ahronothの掲載記事、嘘の物語なので)

(略:Maarivの掲載記事、同上)

headlines-28.6.jpg
イスラエル新聞の第一面、2011年6月28日 (photo: velvet underground blog)

(略:イスラエルの嘘を説き明かす記事に飽きてしまって)

幸いなことに、これをすっぱ抜くのにマックス・ブルメンソルを要しなかった。今日のメディアの調子はまったく異なった。政府筋は、いわゆる「諜報情報」が、「ハズバッラ(プロパガンダ)ヒステリア」を映し出すベンヤミン・ネタニアフ首相による空転だったとMaarivに告げた。

(略)

損害はしかしながら、与えられた。小艦隊活動家の殺害の意図の報道は、国中、世界中をめぐった。古いヨットで旅する非武装のヨーロッパやアメリカの活動家集団が、地域の超大国の安全への脅威として提示されるのは、初めてではない。唯一の疑問は:どれ程長く世界は、これらの類いの嘘を買い続けるつもりだろう?

(略)

全文:+972

アーカイヴ:ネタニアフのオフィスはガザ小艦隊に対して偽ヴィデオを配信したか?(06月29日)

 伝える情報があまりに馬鹿げているものだから、このように皮肉に満ちた冷笑的な方法しかなくなってしまう。このところ冷笑的な記事が続く。


posted by mizya at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。