2011年07月01日

MV SAOIRSE破壊の写真・ヴィデオ

smac


irelandjonny

月曜日、船の乗組員3人、シェーン・ディロン、ジョン・ハーン、パット・フィッツジェラルドは;Clr Gerry MacLochlainn、Charlie McMenamin(どちらもデリーから)、ジョン・マロン、Phil McCullough(どちらもベルファストから)と共に、給油と試運転のため、MV Saoirseを航行すると決める。

港への途中、船舶技術者、パット・フィッツジェラルドは、船にとても良くない何かに気づいた。ドックに戻って最初の点検が始まり、わたしたちは、アイルランド船が壊されたと知った。

(略)

同じ類いの破壊が、僅か数日前、ギリシアで他の船になされた。これは、国際テロリストによる、アイルランド旗を掲げる船に対するアイルランド資産への危険な攻撃だった。船は、今、小艦隊に参加不可能なまでにあまりに損傷されている。しかしながら、アイルランド乗客ができるだけ多く、他の船団に席を見つけるべく手配がなされている。

shaft11-300x225.jpg


損傷が船の沈没を意味し、アイルランド人の命を犠牲としただろうことに言及し、船舶技術者、パット・フィッツジェラルドが損傷を点検する


irelandjonny

全文:Irish Ship to Gaza

アーカイヴ:ガザ小艦隊活動家:わたしたちの船のひとつが破壊された(06月28日)

 ヴィデオをYouTubeにアクセスして見てみると、コメント欄に「イスラエル、よくやった!」などと、浮かれるシオニストユダヤ人の書き込みを読むことができる。マメだね、シオニストたち。シオニスト財団から書き込み料が支払われるシステムだろう。この記事でも「国際テロリスト」と書いて、イスラエルを名指してはいない。もちろん誰もイスラエルの仕業と思っているだろう。シオニストだってそう考えているのだから...


posted by mizya at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。