2011年07月04日

ガザ船の米国船長が「衝撃的状況」に捕われる

2011年07月03日

135967_345x230.jpg
イスラエル左翼抗議者たちが、テルアヴィヴのギリシア大使館の外で、ガザ行き小艦隊出航を禁ずるギリシア当局の決定に対するデモンストレーションで、サインを掲げる。(略) [AFP/David Buimovitch]

アテネ (AFP) -- 禁止を無視し、ギリシアからガザへの航行を試みた後、妨害された米国船船長は、日曜日、「衝撃的状態」で捕らえられており、領事の支援も受けていないと、弁護士は語った。

アテネが、ガザ行き船すべての出航を禁じて、John Klusmer船長は、米国船「希望の豪胆」号 - 親-パレスチナ活動家小艦隊の旗艦 - が、金曜日、ギリシア水域を離れようと試みた時、逮捕された。

(略)

全文:Ma'an News Agency

 Ma'anはしばしばAFPの記事を掲載するけれど、わたしはしばしば翻訳を続ける情熱を失う。
 緊縮財政を強いられ、どんな援助も欲しいギリシアは、米国・イスラエルの要求に従わざるを得ないのに、米国でもイスラエルでも、ギリシア大使館や領事館が抗議行動の標的になっている。そしてギリシアでも... という関連記事:

関連記事:「ギリシア国会議員左派がガザ小艦隊を止めるイスラエル圧力に屈服した政府を非難」Haaretz.com
2011年07月03日

ギリシア政府は、イスラエル海軍との暴力的衝突に帰着するだろう「人道的災害」を避けるため、港からの船の出発を妨げたと語る。
アミラ・ハス

ガザ行き小艦隊の船8隻は、ギリシア政府により金曜日に出された命令に引き続き、停泊していたギリシア港を離れることを禁じられた。小艦隊参加者とギリシアの左派野党の議員団は、ギリシア外務大臣、Stavros Lambrinidisにより拒絶された主張 - イスラエルの圧力に屈したと社会党政府を非難した。

(略)


posted by mizya at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。