2011年07月07日

国連委員会:イスラエルは民事婚を許すべき

2011年07月05日

女に対する差別の形態すべての排除に関する1979年協定の履行報告は、イスラエルが結婚と家族関係の問題でジェンダーの平等を欠いていると述べる。

Gili Cohen

(本文翻訳省略)

全文:Haaretz.com

 イスラエルのパレスチナ人弾圧を考えるなら、ドメスティックなジェンダーの問題など取るに足らないことかもしれない。ジェンダーの平等を謳う法律はあっても、その運用に問題があるということでは、ニッポンもイスラエルと変わらない。確か、児童権利条約締結にあたり、ニッポンは国内法の整備を求められたが、現行法で対処できると拒絶した。その結果が子どもたちの放射線量基準、20 mSv、安全に生きる権利に対する明らかな違反である。


posted by mizya at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。