2011年07月07日

ジュリアーノ号がガザに向かう

小艦隊船は大幅な遅れの後、海でフランス船とランデヴーするためギリシアから出発

Aviel Magnezi
2011年07月06日

ガザ行きジュリアーノ号は、その港からの小艦隊船団の出発に関するアテネによる出航禁止の一部で大幅な遅れを被った後、水曜日午後、ギリシアを離れた。

乗船者は活動家20人。先週、小艦隊主催者は、イスラエルが航行妨害の企てで船を破壊したと主張した。

「わたしたちは航海している」と、主催者のひとり、元イスラエル人、Dror FeilerはYnetに語った。「すべての道はガザに通じる。小さいが高品質の小艦隊になるだろう」。

ガザ解放運動の報道官、Greta Berlinは、ジュリアーノ号が、回廊に向う前、公海で、既に航海しているフランス船とランデヴーするとYnetに語った。彼女は、出合う位置に関する詳細を明らかにしなかった。

Feilerもまた、船の計画される過程の詳細提供を拒絶した。「この時点でわたしが言えるのは、長い戦いの後、最終的にわたしたちは出発することができたということだけだ。ギリシアは多くの問題をわたしたちに提供したが、わたしたちは彼らの条件すべてに合致し、彼らはもはや、わたしたちを捕まえておくことはできなかった」と、彼は語った。「デヴィッド対ゴリアテに似ていた」。

元イスラエル人はまた、ギリシア企業が、ガザの人びとへのセメント提供契約を破った事実を嘆いた。

「彼らはわたしたちに返金し、圧力をかけられ、契約を成し遂げることができなかったと言った」と彼は語り、小艦隊主催者は、企業を訴える計画と付け加えた。

(略)

全文:Ynet news.com

関連記事:「スイス企業がガザ小艦隊主催者とのセメント販売契約をキャンセル」Haaretz.com
2011年07月06日

小艦隊のガザへの支援物資として、セメントおよそ3,000トン輸送を意図していたスウェーデン活動家たちに、Interbulkが2万5000ユーロ返却。
アミラ・ハス

国際支援小艦隊の一部としてガザへの航行を計画するスウェーデン活動家たちにセメントを販売したスイス企業は、水曜日、「不可抗力」で契約キャンセルを決定したと語った。

Interbulkは、ガザ小艦隊の一部としてのスウェーデン・ギリシア・ノルウェー船、「解放地中海」号の支援物資として、ガザに輸送されることになる、セメント3,000トンほどをスウェーデン代表団に販売した。

(略)


posted by mizya at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。