2011年07月13日

ウリ・アヴネリ、ボイコット法は、あなたに入植地ボイコットの呼びかけを止めさせるだろうか?

2011年07月11日

「ボイコット法は、入植者独裁をイスラエル法の基本に据える」
Jonathan Lis

イスラエルの最も著名な左翼活動家のひとりで、グシュ・シャローム平和運動の創設者、ウリ・アヴネリは、いわゆる「ボイコット法」の最も能弁な批判者のひとりだ。政府の支持を得るこの法案は、一般にイスラエルの、ことさら入植地の、経済的、文化的あるいは学術的ボイコットを公的に求めるいかなる個人や組織にも、様々な制裁を課すだろう。(略)

ウリ・アヴネリ、ボイコット法は、入植地製品ボイコットの呼びかけを、あなたに止めさせるだろうか?

「ボイコット法は精巧な法だ。それは、入植地のボイコットを求める誰かに刑事罰を科さない。仮に刑事罰を科されるなら、わたしたちは少しも問題ない;わたしたちは刑務所に行くだろう。代わりにこの法は、入植地ボイコットを呼びかける誰にも、入植者らへの補償で何百万シェケルもの支払い責任を課す。

「それ(その損害)を証明する必要さえなく、損害賠償として、入植者がわたしたちに要求できる合計の制限はない。仮にわたしが、イツハル生産物をボイコットするよう呼びかけたなら、イツハルの住民すべてが、補償で何百万シェケルでもわたしを訴えることができるだろう。これは天文学的金額になりうる。わたしは、これが、世界の他のどこにも前例のない動きと考える。」

(略)

全文:Haaretz.com


posted by mizya at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | interview | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。