2011年07月13日

「フライティラ」活動家たちがハンガーストライキ

2011年07月11日月曜日

国際活動家たちは、被占領パレスチナ領域に入る試みで、テルアヴィヴ政権により逮捕された後、イスラエルの拘置所2カ所で、ハンガーストライキを構えた。

「パレスチナへようこそ」活動家何十人もが、月曜日、イスラエル刑務所の厳しい状態の下での投獄に抗議してハンガーストライキに入ったと、Press TV通信員は報じた。

(略)

パレスチナ領域へのイスラエルによる封鎖を破る努力のガザ回廊への航行を、ギリシアにより妨げられているフロッティラ(小艦隊)船団の抗議で、「フライティラ」は組織された。

医療的制約のある未成年者や年配者が、伝えられるところによれば活動家たちに含まれる。

ドイツ、ロストックのヒクマト・アッサブティ、57歳は例えば、非常に必要とされる医薬品を断たれており、そして、彼の妻は直接彼と話すことを許されてこなかった。

活動家は現在、イスラエル南部のベールシェヴァと、テルアヴィヴ近くのラムレの刑務所に囚われている。

(略)

全文:Press TV

 パレスチナの政治囚たちもかなり頻繁にハンガーストライキを構える。ハンガーストライキで稀に勝利を勝ち取ることもあるが、例えば治療ネグレクトなど殆ど改善されていない。投獄は恐らく緩慢なる処刑に違いない。


posted by mizya at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。