2011年07月14日

イスラエルが親-パレスチナ「フライティラ」活動家たちの国外追放開始

2011年07月10日

入国を拒否されたヨーロッパ人36人の最初の集団がフランクフルト行きのルフトハンザのフライトに搭乗。

Zohar Blumenkrantz

パレスチナ自治政府(エリア)を目的地に訪問するため、西岸に入る意志で「フライティラ」の一部として集団で入国したヨーロッパ人旅行者の国外追放は、日曜日に始まった。

入国を拒絶された最初の集団36人は、週末の間捕らえられていた投獄から直接、彼らがフランクフルト行きルフトハンザに搭乗したベングリオン国際空港に運ばれた。

(略)

活動家の名前が、当局により準備された「ブラックリスト」にあったので、先立って、ルフトハンザは、親-パレスチナ活動家50人のグループの、パリからフランクフルト経由でテルアヴィヴまでの搭乗を拒絶した。この動きにも拘らず、別の活動家グループは、フランクフルトからの直行便で到着し得た。

ヨーロッパの航空会社(複数)の幹部は、日曜日、彼らが、活動家たちのイスラエル到達を阻むのを手伝ったと、彼らに帰している「フライティラ」参加者に対する政治的姿勢に関して不満を表明した。

航空会社(複数)は、イスラエルの外交努力が、活動家たちの入国を妨げる航空会社の協力につながった効果と、外務副大臣、Danny Ayalonのメディアにしたコメントに、狼狽させられた。

「わたしたちは営利企業だ。わたしたちが活動家たちの搭乗を妨げた事実は、わたしたちの、活動家たちに対するイスラエル国家支持の証拠でもなければ、その反対でもない。わたしたちの行動は、一方かもう一方のいかなる政治的声明も、奪われている」と、ヨーロッパエアラインの幹事はイスラエルで語った。

「この事件を、航空会社の支持を得たとの政治的得点に利用する政府閣僚がいるのは、みっともない」と、彼は付け加えた。

(略)

全文:Haaretz.com
posted by mizya at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/214787064
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。