2011年07月17日

フォト・エッセイ:パレスチナ独立のための東エルサレム行進

2011年07月15日金曜日
Dahlia Scheindlin

パレスチナ独立を支持するエルサレムでの今日のデモンストレーションは、旧市街のヤーファ門からシェイフ・ジャッラまで行進した2000人から4500人(フェイスブック情報によれば)のいずれかの人数が参加した。わたしはそこにおり、主催者は、最後に出席者3,000人と発表したが、Channel 2の夜のニュースは「1000人以上」と報じた。わたしは、彼らが大事を取ったと思ったが、焼けつく太陽の下、人びとと歌いながら、ドラムを叩きながら、歓呼しながら、踊りながら、笑いながら、エルサレムの有名な金曜日鎮圧を通る曲がりくねった歩みをてくてく歩いた後、保守的見積もりは冷笑的響きを帯びる。

ここに、写真が何枚か。

Water-Jaffa-Gate.jpg
パレスチナ独立を支持して、シェイフ・ジャッラに向けた行進にヤーファ門を出発、2011年7月14日(原文まま) (Photo: Dahlia Scheindlin)

(略)

全文と画像14点:+972

関連記事:「イスラエル人とアラブ人何千人もがパレスチナ独立を支持してエルサレムで行進」Haaretz.com
2011年07月15日

20年で初めてのそのようなユダヤ人-アラブ人イヴェント「独立行進」に、国会議員何人かが参加。
Nir Hasson

およそ2,000人のパレスチナ人とイスラエル人が、パレスチナ国家承認を求めて、金曜日の「独立行進」に参加した。

行進の主催者は、行進は平和的に遂行されたとする声明を発表したが、警察は、右翼と左翼の活動家らに介入し、切り離さなければならなかった。

2422975601.jpg
エルサレム「独立行進」、2011年7月15日
Photo by: Daniel Bar On

イヴェントは警察と調整され、予想された右翼の反対行動にも拘らず、主催者は、いかなる暴力突発をも防ぐと誓約した。

(略)

メレツのZehava Galon、ハダシュのDov Haninを含む、国会議員何人かも行進に参加した。(略)

行進は、1967年の六日戦争以前、エルサレムを東と西に分割していたグリーンラインを辿る、象徴的ルートを取った。それは、先月、エルサレムデーに、右翼活動家らにより取られた反対のルートで、ヤーファ門に始まり、シェイフ・ジャッラ地区で終った。

(略)

    :「エルサレムでパレスチナのため数千人が行進」Ynet news.com

パレスチナ国家設立を求め、イスラエル、パレスチナの活動家たちが、1967年にエルサレムを分割したラインに沿い行進。主催者は、彼らが暴力に訴えないと語る

Yair Altman
2011年07月15日

(本文翻訳省略:Haaretz記事参照)


posted by mizya at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | image | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。