2011年07月18日

報告:イスラエル国防軍士官が入植者と軍隊の対立を警告

2011年07月15日

エルサレム (Ma’an) -- イスラエル軍司令官は、西岸での入植者らと軍隊の間の武装対立の危険を警告したと、イスラエル日刊紙、Maarivは金曜日に報じた。

「2011年末までに起こるだろうMetzeh Yetzaharの前哨基地を撤退する時、入植者が、兵士らに発砲することは、想像でなく、キングのトーラの本の危険は、理論的論議であるばかりでなく、起こり得る」と、Netsan Arlenは、伝えられるところによれば、西岸状況に関する軍会合で警告した。

Arlenは「この本は、それらの人びとにとって理論上存在するのでなく、地域に大火を放つだろう結果となるモスク放火で、明確だ」と語り、「キングのトーラ」といった極端論者の宗教テキストに非常に批判的だった。

Arlenは、パレスチナ西岸の違法前哨基地撤退での彼の役割のため、そのポストから退けられるのを見たいイスラエルの右翼団体に攻撃されたことがある。

原文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。