2011年07月18日

国防官僚:死をもたらしたガザ小艦隊襲撃でイスラエルはトルコへの謝罪を考えている

2011年07月17日

周到な謝罪は、トルコ組織によるイスラエル国防軍士官に対する訴訟の可能性を止め、事件の終了をもたらすかもしれない。
Amos Harel

防衛体制は、エルサレムによるアンカラへの謝罪の相当な代償を支払ってさえ、マヴィ・マルマラ事件に続くイスラエルとトルコ間の危機を解決するため、増大する支持を示している。

過去数週間にわたる防衛官僚と法務省官僚の間の国内的議論は、周到な謝罪が、トルコ組織によるイスラエル国防軍士官に対する訴訟の可能性を止め、事件の終了をもたらすかもしれないと示した。

(略)

外務大臣、アヴィグドール・リーバーマンは、最近、イスラエルを辱しめ、国家的自尊心への打撃として機能すると彼が語った、謝罪に公然と反対を表明した。防衛官僚は、現在の謝罪が、士官や兵士らの後の法的問題を防ぐだろうと反撃する。

襲撃に関わったイスラエル国防軍隊員の何人かの写真が、インターネットに掲示されており、現在、ヨーロッパの左派やイスラーム集団の手にある。防衛・法務官僚らは、これら集団が、イスラエル上級官僚の英国入りをかなりしばしば妨げた、英国親-パレスチナ集団のものと同様の方法を採るとの懸念を表明した。

(略)

全文:Haaretz.com

アーカイヴ:ネタニアフ: 「イスラエルは小艦隊犠牲者の家族に賠償しないつもりだ」(2010年12月15日)


posted by mizya at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。