2011年07月21日

イスラエルが非-暴力を除外:ネタニアフの狂気の方式

Jonathan Cook - ナザレ

先週、イスラエルや被占領地のその入植地へのボイコット呼びかけを違法とするボイコット法案を可決した時、イスラエル議会に、最も有効なコメントをしたのは、アラブ議員だった。アフマド・ティビは尋ねた:「平和活動家やパレスチナ人が、占領に反対するためすることが許されるのは何か? あなた方が同意できる何かあるのか?」

(略:長い)

ベンヤミン・ネタニアフ政権により支持されたボイコット法は、2つの点でこの立法襲撃で転機を記す。

第一に、自由な発言の権利:いかなる民主的システムのかなめ石も破壊する。 新法は、強奪されたパレスチナの土地に住むユダヤ人入植者50万人のとどまるところを知らない支配力を打ち返すために、イスラエル人とパレスチナ人にとって、非-暴力の政治的プログラム - ボイコット - を提唱することを、違法とする。

(略)

等しく重要なのは、法が、刑事犯罪というよりむしろ新型民事犯罪を創出することだ。国家が、告訴を開始することはないだろう。代わりに、ボイコット法を実施する仕事は、入植者とその弁護士に外注されている。ボイコットを支持する誰もが、 - またしても比類なき - 彼らが実際に被った損害を証明する必要のない、入植者自身により賠償で訴えられ得る。

(略)

人権弁護士たちは、このような法は、民主主義世界の何処にもないと指摘する。議会の本来保守的法律顧問、Eyal Yinonでさえ、法の目的を「40年以上、イスラエルでの政治的討論の中心だった議論」を止めると評価した。しかし、イスラエル人の半数以上が、これを支持し、31パーセントのみが反対する。

ボイコット法を引き出した、妄想的、自己を哀れむ世界観は、支持された短いヴィデオ「広告」で、今月、巧妙に説明され、ことによると、イスラエルのハズバッラ、あるいはプロパガンダ省により資金提供された。相応しいことに、それは精神科医の診察室で起こる。

若い、精神的外傷を負う女が、有名なロールシャッハテストで隠されたイメージを解読する。(略:ヴィデオの説明は病めるイスラエルの説明に通じている、長い)

ヴィデオの女の狂った情緒を反映して、イスラエル首相、ベンヤミン・ネタニアフは、多数の小艦隊を「イスラエルの生存権を否定」し、その安全を脅かすと糾弾した。

(略)

ネタニアフのコメントは、妄想的に聞こえるが、ボイコット法のような措置や小艦隊へのヒステリックな過剰反応の狂気への方式があるかもしれない。

これらのイニシアティヴは、ティビが指摘するように、占領に非-暴力で反対する余地を残さない。受賞のインド作家、アルンダティ・ロイは、非-暴力は本質的に「一遍の劇場作品、聴衆を必要とする。聴衆がいないなら何ができよう?」と述べた。

ネタニアフとイスラエル右派は、この点を理解している。彼らは慎重に、反体制のイスラエル人、パレスチナ人、国際活動家たちが、彼らの抗議を上演しようと望むあらゆる演壇を解体している。彼らは、ボイコットの形態であれ連帯の訪問であれ、平和的で非-暴力の抵抗の繋がる組織を不可能にしている。開いて残されている唯一の道は、暴力である。

(略:長いので飽きてしまった)

全文:The Palestine Chronicle


posted by mizya at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。