2011年07月22日

イスラエルメディアが上級閣僚に対する国際的訴訟増大を警告

2011年07月21日木曜日

イスラエルのメディア筋は、パレスチナ民衆に対する戦争犯罪告発で、イスラエル士官や閣僚を追求する、国際的な法的キャンペーンの増大を警告した。Channel 10 TVによれば、新たな訴訟3件が、最近、2010年の自由小艦隊参加者により、イスラエル上級閣僚らに対して、スペインの裁判所に起こされた。先だって書類が提出された、イスラエル海軍司令官と他の多くの政権大臣同様、イスラエル首相、ベンヤミン・ネタニアフ、外務大臣、アヴィグドール・リーバーマン、国防大臣、エフード・バラクすべてが訴訟に直面する。

(略)

エフード・バラクと前幕僚長、ガビ・アシュケナジは、ベルギー、フランス、ギリシア、南アフリカを含む、多くの国で同様の訴訟に直面する。小艦隊襲撃に関して2人の役員に対して起こされる告発は、殺人、拘束、誘拐、強制送還、拷問、強盗、国際協定不履行を含む。

法務省筋は、これら訴訟行為と戦うため、特別チームが招集されたと認めた。彼らはまた、イスラエル閣僚のそこでの逮捕をもたらし得るイギリス裁判所に提出される同様の訴訟の可能性に関する容易ならざる懸念があることを仄めかした。

全文:Middle East Monitor


posted by mizya at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。