2011年08月07日

EU:新入植計画に「深く失望させられた」

2011年08月05日金曜日

ブリュッセル (AFP) -- EU外交政策チーフ、キャサリン・アシュトンは、東エルサレムでの新住宅900戸建設へのイスラエルの開始許可に、金曜日、新入植が平和の見通しを傷つけたと語り、容赦なく不満を示した。

パレスチナと国際社会からの厳しい批判の引き金となった、木曜日のプロジェクト承認に「わたしは深く失望させられた」とアシュトンは語った。

(略:アーカイヴ参照)

「ヨーロッパ連合は、即刻、東エルサレムを含む西岸での入植活動すべてを終結するよう、繰り返しイスラエル政府に促した。入植活動すべてが、国際法下、違法である」と、彼女は声明で付け加えた。

(略)

全文:Ma'an News Agency

アーカイヴ:イスラエルが東エルサレムの入植地に住宅900戸承認(08月06日)

 EUは繰り返しイスラエルに促してきた。しかし、イスラエルが耳を傾けることはなかった。何故かを、EUは考えた方がいい。国連でのパレスチナ独立宣言を、米国と口裏を合わせて「一方的」と言っていては駄目なのだ。パレスチナを承認すると言わなければ。イスラエルの独立宣言だって「一方的」だったのだし、その「一方的」独立宣言を認めた国々が、もう一方の「一方的」独立を非難する権利はない。


posted by mizya at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。