2011年08月08日

「占領問題に沈黙のイスラエルの抗議」


AlJazeeraEnglish

2011年08月07日

抗議者何十万人もが、上昇する生活費に対し国中で集会を開催した、イスラエルの不満の夏であった。

抗議の趣旨に関してアルジャジーラとの談話で、テルアヴィヴ拠点の作家でジャーナリスト、ジョゼフ・ダナは、抗議が自然発生的で、前例がないと語った。

しかし彼は、抗議者たちと抗議主催者たちが、パレスチナ占領問題に関して明確に沈黙していると語った。

「たった今、大衆のほぼ85パーセントがデモンストレーションを支持しているが、抗議者たちはまだ、占領の問題を議論するのことの拒否を意味する - 政治に関心のないラインを維持している」と、ダナは語った。

「しかし悲しい現実は、イスラエル人がパレスチナ人の権利を、ことさら、イスラエル占領下のパレスチナ人の権利を議論するなら、彼らがまたたく間に大衆の支持を失うことだ。

占領への批判がないなら、イスラエル社会がこの占領を議論する準備ができていないか、あるいは望んでいないという絶対証拠を提供するだろう」。


posted by mizya at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。