2011年08月09日

ボイコット運動標的の企業が損失発表

2011年08月08日

ベツレヘム (Ma'an) -- グローバルなボイコット運動の中心のフランス多国籍企業が、木曜日、主要な経済的損失を発表したと、月曜日、パレスチナ市民社会集団の声明は述べた。

不買・脱資・制裁キャンペーンは、違法イスラエル入植地と関係する国際企業を標的とする。

「Veoliaは、イスラエル占領政策とパレスチナ民衆に対するアパルヘイト政策に関わった代価を支払っている」と、Stop the Wallキャンペーンのコーディネイタ、ジャマル・ジュムアは語った。

「企業は、左でも右でも真ん中でも、大枚何十億ドルもの契約を失ってきた。いかに大きくても、そのように巨大で持続する経済的損失を吸収できる企業はない」。

「これは、必ずやVeolia株主の中で大きな不満の引き金となり、結局は、違法なイスラエル・プロジェクトへの企業の共犯の即時停止の容赦ない要求を導くだろう。」

Veoliaは、上半期で、驚異的6720万ユーロの純損失後、木曜日、いくつかの国で経営を縮小させると発表したと、Wall Street Journalは報じた。

それはまた、ロンドン地方議会が、先立って取得した契約に企業を選択しなかった後、水曜日、後退させられた。契約は15年以上で、およそ3億ポンドに相当した。

活動家たちが、違法なイスラエル占領でのVeoliaの抜き差しならぬ関係を詳述して、議員たちに書き送りまた会ってきたと、パレスチナ連帯集団は語った。

(略)

全文:Ma'an News Agency

アーカイヴ:BDSキャンペーンが成長する中、ヴェオリアが関わる汚いビジネス(2010年03月09日)


posted by mizya at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。