2011年08月11日

イスラエル看護学校がロシア語とアラビア語で話すことの禁止を撤廃

2011年08月09日

アシュケロンの看護学校は、学生たちに、校庭で「外国語での会話絶対禁止」と告げる;保健省は、学校に命令撤回を通告
Jack Khoury

保健省は、市立Barzilai医療センターの一部、アシュケロンの看護学校に、キャンパスでヘブライ語以外のいかなる言語で話すことも学生に禁じた命令を撤回するよう通告した。

看護学校と省のレターヘッドの書簡紙に印刷され、学校管理のスタンプのある命令に読める:「学生諸君、学業と学校廊下で、外国語で会話することを絶対に禁止する。学校の公用語はヘブライ語である」。

1683114608.jpg
掲示は、外国語での会話がキャンパスで厳密に禁じられると述べる。

学校の学生250人の大部分が、国南部からで、より小さな数がイスラエルの中部と北部から来ている。学生の多くが、ロシア語か他の東欧言語を話し、かなり多くがアラブだ。

匿名を求めたある学生によると、指示は、およそ2週間前に掲示され、学生から多くの怒りの応答を引き出した。

(略)

学生何人かが、彼らの携帯電話で発表を写真に撮り、画像を公表したが、Haaretzが介入するまで、問題は保健省に届かなかった。市民権の弁護士たちは、命令が、表現の自由の合法的権利に明らかに反するとHaaretzに語り、そのような禁止を明らかに禁じる司法高等裁判所の裁定で、アラビア語が国家の公用語であると指摘した。

(略)

全文:Haaretz.com


posted by mizya at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。