2011年08月12日

報告:「ハマース・エンジニア」が尋問官らに協力

2011年08月12日

テルアヴィヴ、イスラエル (Ma'an) -- 今年初め、ウクライナでイスラエルにより拉致されたガザの技術者は、尋問官らに、ハマースの技術的能力の情報を提供したと、イスラエル新聞は、木曜日、報じた。

ガザ発電所の長、ディラル・アブ・シシは、2月にキエフで拉致された。イスラエルに連れて来られた後、彼は、ロケット技術改良のためハマースと仕事したと告発された。彼はその申し立てを否定した。

木曜日、イスラエルのニュースサイト、Ynetは、事件の詳細報道を禁止する政府への要請に続き、ベールシェバ地方裁判所により、引用が「掲載から削除された」と述べるものを掲載した。

報道によると、アブ・シシは、尋問官らに、カストレード作戦に続き、ハマースのモハメド・デイフと軍事組織の長、アフメド・ジャバリが、新たな軍士官学校担当に彼を据えると決定した。

(略:拷問で言わされていることを記すことにさほど意味は見いだせないから)

報道によると、アブ・シシは、ハマースを手伝ったことに後悔を表明した。

しかし、彼の家族とパレスチナ職員は、ハマースとのいかなる繋がりも否定してきた。

アブ・シシの姉妹、スザンヌは、今年早く、彼が「いかなる政治的党派とのいかなる方法での繋がりもなく、ハマースが権力を握る前に、彼は、発電所運営の責任者として働き、大学教授として彼の仕事を続けていた」と、語った。

(略:アブ・シシの他の記事参照)

彼のイスラエル人弁護士、Smadar Ben-Natanは、「わたしが拷問と看做す非常に激しい脅迫の下」4月、彼女のクライアントが白状したと語った。

ハマースは、アブ・シシの組織とのいかなる繋がりも否定する。

ドイツのDer Spiegel誌は、2006年、ガザ闘士たちに捕らえられ、まだみつからないイスラエル兵、Gilad Shalitの居場所に関する貴重な情報を、彼が持っているとイスラエルが信じていたので、彼を誘拐したと示唆した。

Ben-Natanとアブ・シシのウクライナ生まれの妻、ビクトリア、どちらも、彼がShalitについて何かしら知っていることを否定する。

全文:Ma'an News Agency

アーカイヴ:アブ・シシ:わたしはShalitについて何も知らない(04月03日)

 期待していた情報を持っていなかったからといって、拉致を正当化するために、他の罪を押し付けるというのも、なんだか... 原発の「安全」を担保できなくて更迭される筈の役人らの8000万円とか6000万円とかいわれる退職金と似ていて、これはつまり、原発の「安全」など、ただの「神話」に過ぎないから、「安全」など担保できなくて当然と「政府」が認めたということ?


posted by mizya at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。