2011年08月14日

イスラエル諜報機関がアルジャジーラ・ジャーナリストのリクルートを試みる

2011年08月12日

被占領エルサレム、(PIC)-- イスラエル占領当局により拘束されたサメル・アラウィは、イスラエル諜報機関が彼をリクルートしようとしたが、彼は拒否し、何か重大な罪で起訴されると脅されたと語った。

アフガニスタンでアルジャジーラ特派員として働くパレスチナ人ジャーナリスト、アラウィは、彼が拘留されているBetah Tekva拘留センターに、パレスチナ囚人協会の弁護士により訪問された。

アラウィは、彼の拘留が、アフガニスタンでのジャーナリストとしての彼の仕事ゆえと、弁護士に告げ、人権組織と国際ジャーナリスト組織に、彼を解放するようイスラエル占領に圧力をかけるよう求めた。

イスラエル占領警察は、尋問を完了させるとの口実で、アラウィの拘留を8日間に延ばした。

彼は、ナブルス近くのサバスティア村の家族への訪問を終えた後、火曜日にヨルダンへの途中、アレンビー橋で拘束された。

イスラエルは、彼が尋問のため4日間拘束されたと家族に知らせたが、保安上の背景と主張して、拘留の理由を語ることを拒絶した。

原文:The Palestinian Information Center

先行記事:「人権集団がアルジャジーラ・ジャーナリストのイスラエルの逮捕を非難」WAFA

2011年08月10日

ラマッラ、2011年8月10日 (WAFA) - 開発とメディアの自由パレスチナ・センター (MADA) は、水曜日、イスラエル当局によるアフガニスタンのアルジャジーラ支局長、サメル・アラウィの火曜日の逮捕を非難した。

センターは、ナブルス市で家族と休暇を過ごした後、アル-カラマ(アレンビー)橋を通ってヨルダンに向け、西岸を離れるときのアラウィの逮捕を、「言論の自由と国際法の甚だしい違反」と看做した。

彼を解放するよう、イスラエルに即刻圧力をかけるよう、国際社会に求めた。

(略)


posted by mizya at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。