2011年08月16日

イスラエルが西岸アリエル入植地に新住宅227戸承認

2011年08月15日

国防相、エフード・バラクは、ネタニアフ政権樹立以来、一つの入植地に最大の住宅計画を承認する。
Chaim Levinson and The Associated Press

国防相、エフード・バラクは、継続的入植地建設への米国の批判を侮り、西岸入植地、アリエルの277戸のアパート建設を承認した。

バラクは、西岸内で最も深く食い込む入植地ブロックの核、アリエルでの建設を認可した。100戸のアパートは、2005年、ガザ回廊入植地から撤退したイスラエル人の家となるだろう。

(略)

全文:Haaretz.com

関連記事:「米国:イスラエルのアリエルでの建設は『深く煩わせる』」Haaretz.com
2011年08月15日

ホワイトハウスは、イスラエルの西岸入植地、アリエルでの住宅277戸建設計画へのパレスチナの批判に加わる。
Reuters

合衆国は、月曜日、新イスラエル入植地建設計画の報道を見いだし、深く厄介で、イスラエル-パレスチナ和平交渉を蘇らせる米国の努力に反生産的と語った。

(略:表題記事参照)

2043821149.jpg
アリエル西岸入植地
Photo by: Tess Scheflan

月曜日早く、パレスチナ指導者は、イスラエルを鋭く批判した。アッバスの報道官、ナビル・アブルダイナは、Reutersに語った:「この行為は非難され、和平プロセスを蘇らせる残されているいかなる努力も妨害し破壊するイスラエルの企てである」。

「もう一度、これらイスラエル入植措置が、わたしたちに、パレスチナ国家の会員資格を要求し、これらイスラエルの措置を止めるため、国連と安全保障理事会に行くことを要請する強い理由を説明する」と、彼は語った。

(略)


posted by mizya at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。