2011年08月16日

イスラエル入植者暴力が激しくなりパレスチナ人排除が増加

2011年08月15日月曜日
Nikki Hodgson for the Alternative Information Center (AIC)

何十人ものイスラエル国会議員(クネセトメンバー)が、ネタニアフに、イスラエルの住宅危機とテント抗議の環境を処理するため、西岸での入植地建設増加を推奨するよう請願し、イスラエル入植政策は、パレスチナ領域で、まったく異なる種類の住宅危機を永続させ続ける。

baqa.jpg
ヘブロン地区のベドゥイン村、アル-バカアの住民は、入植者の暴力、家屋破壊のため、ますます彼らの家屋を離れる

被占領パレスチナ領域の国連人道問題調整事務所 (OCHA) によると、西岸のパレスチナ人強制排除は、昨年、劇的に増加した。2010年全体で606人だったのと対照的に、過去7カ月で、パレスチナ人およそ900人が、彼らの家屋から排除されてきた。

それらの755人は、家屋破壊により排除された一方、残りの127人は、入植者暴力により、彼らの家から追い出された。

(略:長いので)

先月、イスラエル入植者集団が、通りで逮捕を企てた後、6歳のパレスチナの子どもがヘブロンで入院した。

OCHAは、これが、負傷に終る暴力同様、コミュニティ・メンバー3人、そのふたりが子どもの拘束に終る入植者暴力増大の結果、ヘブロン地区のアル-バカア村のパレスチナ人家族が、彼らの家を離れる近年の最初と、さらに報告する。暴力の脅威に加えて、家族たちは、暴力の増大がまた、彼らに対する更なる刑事告発をもたらし得ることを懸念する。

7月19日、男の子ふたりと大人ひとりは、ベドゥイン集団と、彼らのテントに入ってきたた入植者らの間の投石の交換に続いて、拘束された。最も幼い子ども、14歳の保釈金は、7,500シェケル(2,100U.S.ドル)に設定され、共同体は支払うことができない。

(略:長いので先を急いで)

アル-バカアや他の西岸ベドゥイン・コミュニティは、入植者暴力と、イスラエル民事行政の予測不能で放逸な許可手続き両方の脅威下にある。イスラエル入植建設が増大する一方、新たな破壊、追い立て、事業停止の命令が、不変原則で、パレスチナ人に届けられる。

(略)

全文:The Alternative Information Center


posted by mizya at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。