2011年08月29日

なぜイスラエルはガザを爆撃するのか?

2011年08月26日
ピーター・ハート

ガザに対するイスラエル攻撃の報道は、ある予測可能なパターンに従う。New York Timesは、今日(8/26/11)、「イスラエルの報復攻撃がガザ住民9人を殺戮」との見出しがつく。読者は尋ねるべきだ:への報復?

この暴力が、南イスラエルの町、エイラートでの先週の攻撃に由来すると広く理解される。Timesが、記すように:「最近の暴力の連続は、イスラエル人8人が殺された南イスラエルのテロリスト攻撃で、1週間前に始まった」。

本当の質問は、しかしながら、だれがこれら行為を遂行したかだ。Timesは述べる:

イスラエル当局は、テロリスト攻撃の犯人と計画者が、ガザ出身者と語り、イスラエルは、少なくともパレスチナ人23人を殺した襲撃で報復した。ガザ当局は、攻撃元について何も知らないと語る。

それは広く行き渡った控えめな表現だ。

これまで、どんな武装パレスチナ集団も、エイラート攻撃の犯行声明を出していない。イスラエル当局は、民衆抵抗委員会 (PRC) が陰にいると主張したが、これら主張を裏打ちする証拠を提供してこなかった。そして、NPR (8/18/11) で、例えば、視聴者は、イスラエル大使、Michael Orenが、パレスチナ闘士が攻撃を遂行したと主張するのを聞き、そして5日後、London Times記者、James Hider (8/23/11) が、あたかもよく確定された事実であるかのように、同じことを述べた。

一握りのジャーナリストが、この主張の根拠薄弱を根気強く指摘している。それらライターのひとり、Yossi Gurvitzは、イスラエルウェブサイト +972 (8/25/11) での彼最新の記事で、イスラエルメディアが重要な疑問を提起し始めていると、説明する:

月曜日以来、公式ストーリーに疑問を投げかける、イスラエルメディアによるもう幾つかの報道があった。Yediot (ヘブライ語) は、火曜日、公安組織の匿名の人びとが、PRCの攻撃責任を疑っていると報道し、興味深い質問を提出した:彼らに責任があったなら、なぜ、PRC指導者全員が同じ場所にいたのか?

(略)

2日前、IAF(イスラエル空軍)は、ガザ回廊を再び攻撃し--当然、それは、それ自身休戦に拘束されると考えてはいない;パレスチナのみが、そして彼らのみが、破った場合非難され得る--イスラム聖戦機構のあるメンバーを殺した。昨日、IDF(イスラエル国防軍)は、彼がエイラート攻撃への資金提供を担当していたと主張した (ヘブライ語) 。ちょっと待った、わたしは混乱する:君たちが、攻撃はPRCにより遂行されたと言った、と、わたしは思っていた、そして今や、イスラム聖戦機構が責任を負わされる? アミラ・ハスが、Ha'aretz (ヘブライ語) に報告した昨日現在、ガザに弔問者テントはない。攻撃から1週間の今日現在、IDFは、それが殺した攻撃者たちの身元発表を控える。

これは、真剣な報道の価値ある驚くべきストーリーだ。ガザの何十人もが、非常によく(? - 原文参照)よそのどこかに由来する攻撃「報復」で殺された。

全文:FAIR (Fairness & Accuracy In Reporting)


posted by mizya at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。