2011年08月30日

PLOと将来のパレスチナ国家の民衆代表の問題

2011年08月26日
FRANCIS A. BOYLE

世界中すべてのパレスチナ人すべてを代表するPNC(パレスチナ国民議会)により承認された、1988年11月15日のパレスチナ独立宣言で、PLO執行委員会は、--わたしの助言に従い、パレスチナ国家の暫定政府として設定された。

加えて、独立宣言はまた、--わたしの助言に従い、世界中に住むパレスチナ人すべてが、自動的にパレスチナ国家市民となると規定する。それで、パレスチナが国連加盟国になるとき、パレスチナ国家の暫定政府の資格でPLO執行委員会は、世界中のパレスチナ人すべての利益を代理し続けるだろう。

したがって、すべての権利は保持されるだろう:パレスチナ人すべてとPLOにとって。だれも公民権を奪われないだろう。PLOは、地位を失わないだろう。この法的取り決めは、パレスチナ憲章を犯さず、既にPNCにより承認された。

残念ながら、Guy Goodwill-Gillという名のオックスフォード教授は、歪曲に満ちたメモを循環させた。メモは、多くの誤った憶説に基づく。この教授は、--わたしの助言で、彼の世の終わりのシナリオを実現しないと確実にするため、パレスチナ独立宣言に元来組み込まれた、法的・立憲的専門事項を知らない。

(略)

全文:counterpunch

関連記事:「パレスチナ国家は国連での難民何百万人もの声を奪い置き去りにし得る」guardian.co.uk

法律専門家が、単に西岸とガザでの代表権は、ほかの場所に住むパレスチナ人の公民権を奪うかもしれないと語る

Harriet Sherwood in Jerusalem
The Guardian
2011年08月26日金曜日

国際法のイギリス人専門家によると、仮にパレスチナ自治政府が、世界機関でその国家承認を勝ち取ることに成功するなら、西岸とガザ外のパレスチナ難民何百万人もが、国連での彼らの代表権を失うかもしれない。

パレスチナ指導者たちは、来月、彼らの国家承認と、193ヵ国機関の会員資格を認めるよう、国連に求めるつもりだ。動き - イスラエルと米国により精力的に反対される - のメリットは、パレスチナ社会の中に論争を鼓舞してきた。

宣言が成功するなら、パレスチナ民衆の国連代表権は、世界的パレスチナ解放機構 - 現在、世界中のパレスチナ人すべての「唯一・正統な代表」として承認されている - から、西岸とガザ拠点の国家使節に移るだろう。Guy Goodwin-Gillによる7ページの法的意見によると、ディアスポラに生きるパレスチナ難民何百万人もが「ふとしたことから公民権を奪われ」得る。

(略)


posted by mizya at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。