2011年08月31日

イスラエル軍が1カ月に2回目、ジェニン自由劇団を取り囲む;3人を誘拐

2011年08月25日木曜日
Saed Bannoura - IMEMC News

イスラエルの装甲車と兵士らの大隊は、火曜日朝、午前2時頃、ジェニン難民キャンプに入り、ジェニン自由劇団を取り囲み、彼と他の2人を誘拐する前、警備員を殴った。

これは、イスラエル軍が劇団を取り囲み、スタッフを誘拐した、今月2回目だ。1回目、スタッフ3人が、劇団共同ディレクター、ジュリアーノ・メル-ハミスの殺人の一部として誘拐され、調査された。月曜日、ジェニンの外のイスラエル軍事裁判所は、3人が攻撃と関係なく、今週末までに釈放すべきと判決した。

(略)

火曜日攻撃で、イスラエル兵士らは、劇団演劇総支配人、Jacob Goughを、裸になるよう強いた。彼が、だれか説明しようとしたとき、兵士らのひとりは、「黙れ、さもないとお前は、本当の殴打を得る」と彼に告げた。彼らはそして、Goughを誘拐し、何処かへ連れて行った。

兵士らはまた、劇場の警備員、Mohammed Naghnaghiyeの家に押し入った。ジェニン自由劇団によるプレスリリースによると、兵士らは、「手錠して彼を連れ去る前、モハメドを殴り、次に、乱雑の中に彼らを取り残すため、彼の家族の家3層すべての階を、あさりながら進んだ。軍がその領域を離れたとき、集まり投石していた若者たち集団を分散させようと、彼らは実弾を発砲した」。

(略)

全文:International Middle East Media Center

アーカイヴ:公開書簡:ジェニン自由劇団からイスラエル公安組織へ(08月15日)


posted by mizya at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。