2011年08月31日

イスラエル南部で非常警戒態勢;イスラエル国防軍とエジプトが援兵配備

2011年08月29日

治安部門は、ガザ南部かシナイのイスラーム聖戦が他のテロ攻撃を計画していると考える;エジプト軍が、追加部隊1,500人を配備
Anshel Pfeffer

IDF(イスラエル国防軍)チーフ、Benny Gantzは、日曜日夜、イスラーム聖戦による差し迫る攻撃を示唆する諜報機関報告のため、ガザ回廊南部とエジプト国境どちらもの周辺に、援兵配備を命じた。援軍は、エジプト軍と調整された。

治安当局筋は、イスラーム聖戦が、可能な攻撃を計画していると予測するが、治安担当官は、IDFが、ガザ回廊に由来するいかなるテロリスト攻撃もハマースに責任を負わせると明確にした。

2512696739.jpg
エジプト兵士が、エイラートの北、およそ30km (19マイル) のイスラエル・エジプト間国境の監視塔で歩哨に立つ。
Photo by: Reuters

(略:イスラエル発表の嘘を繰り返すのに飽きてしまって)

全文:Haaretz.com


posted by mizya at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。