2011年08月31日

エジプトが報道によれば最近の流血でイスラエル国境に緩衝地帯を考える

2011年08月28日

エジプト日刊誌は、エジプト治安機関が、トンネルを取り外すため重掘削設備を配置させ、兵器や物資の密輸に使用されるトンネルを壊し始める用意ができていると述べた。
Barak Ravid and DPA

エジプトが、最近の流血に続き、ガザ回廊との国境に緩衝地帯設定を考えていると、独立系新聞、Al Masry Al Youmは、日曜日、報じた。

計画は、ガザとの国境を、長さ14キロメートルをまたいで走る密輸トンネル取り外しを含む。

治安機関は、トンネル取り外しのための重掘削設備が配置されたと伝え - 兵器や物資の密輸に使用されるトンネルを壊し始める用意ができていると、報道は述べた。

8月19日、死者8人を出したイスラエル南部での複数計画攻撃を遂行した、エジプトとの国境近くでの闘士狩りで、イスラエルにより、エジプト警察官5人が殺された。

死は、エジプトで憤りの引き金となり、1979年に平和協定に署名して以来、2国間最悪の危機を引き起こした。

(略:記事に混乱があり過ぎる、ガザとエジプトの国境と、イスラエルとエジプトの国境を混同している)

全文:Haaretz.com

 Haaretzは、イスラエルの中のメディアとしては、評価されているかもしれない、わたしの好きなノーマン・フィンケルシュタインだって評価しているのだから。しかし、記者に当たり外れがあり過ぎる。この記事の続きは、シナイ半島でのエジプト軍配備制限をめぐるもので、実は重要とわたしは考えるけれど、表題で「イスラエルとの国境」、記事文中で「ガザ回廊との国境」では、エジプトが考える緩衝地帯の意味合いは違ったものになる。このようないい加減な文章に、どうして翻訳の労力をさく必要があるかしら、と、思ってしまう。
 平和協定に署名して、シナイから入植地を撤退させたイスラエルは、シナイでのエジプト軍配備を制限した。ムバラク失脚後、イスラエルにガスを供給していたパイプラインが攻撃されるなどして、シナイでのエジプト軍配備拡大を求める声が、イスラエルからも起こっている。「そんな必要があるとまでは思わない」とネタニアフは語っている。
 アラブ諸国との平和協定を、パレスチナとの和平合意の条件に掲げながら、イスラエルは、隣国エジプトに越境して、エジプト兵士たちを殺戮した。つまり、アラブ諸国との「平和協定」は、パレスチナとの「和平合意」のハードルをあげる目的しかないのだと思わざるを得ない。


posted by mizya at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。