2011年09月01日

BDSキャンペーンは作用しているか?

Ynetnewsスペシャル:反-イスラエルボイコッターは、ユダヤ国家の経済締めつけでますます成功:ヨーロッパの13ヵ国20組織以上が、イスラエルの主な生花輸出業、Agrexcoのボイコット支持

Giulio Meotti
2011年08月31日

イスラエル農産物の多くが最近、イスラエル・ボイコット・キャンペーンで標的とされてきた:トマト、トウガラシ、柑橘類、にんじん、メロン、いちご、セロリ。 しかし生花は、イスラエル経済を締めつけることを望む資本引き上げ運動の主要な執念だった。

イスラエルの主な生花輸出業、Agrexcoは、報道のいくつかによれば、部分的にその産品のグローバルなボイコットのため、最近破産を宣告した。ヨーロッパの13ヵ国、20組織以上が、Agrexcoボイコットを支持した。

南アフリカのアパルトヘイト政権への国際圧力、ボイコットと制裁は、その権力終焉に大きな役割を果たした。(略)

昨年、ノルウェーオイル資金は、「入植地建設」へのそれらの関わりに言及し、Africa-IsraelとDanya Cebusから出資金を引き上げた。ごく最近、スウェーデン生協は、Soda Stream炭酸装置の購入すべてを終結させると決定した。一方、メソジスト教会は、「違法」入植地からの物品ボイコットを求める「反-イスラエル」動議を通過させた。イギリスのクエーカーもまた、イスラエル製品ボイコットに同意した。

他で、オランダの主要年金基金、合計で970億ユーロの投資を持つ、Pensioenfonds Zorg en Welzijnは、イスラエル企業殆どすべてから資本を引き上げた。(略)スウェーデンの大きな年金基金もまた、Elbitから資本を引き上げた。(略)

(略:長いリストなので)

全文:Ynet news.com

アーカイヴ:ボイコット運動標的の企業が損失発表(08月09日)


posted by mizya at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。