2011年09月03日

アメリカ人納税者が米国より優勢のイスラエルに助成する

2011年09月01日木曜日

Alison Weir

イスラエルの繁栄はアメリカ人の犠牲で伸びる

イスラエルのJerusalem Post紙は、最近、世界中の若年層にとって、イスラエルを「新黄金国」と呼ぶ記事を掲載した。それは、イスラエルが、絶えず増加するGDP、強い通貨、「米国より低い失業率」を誇ると報じる。

記事は、アメリカ人納税者が、長年、イスラエルに与えてきた1年あたり30億ドル以上の源泉ついても、アメリカの失業率に加えて、アメリカの仕事何千をも犠牲にし、この金の部分が、米国企業と競合する産業発展に使用された事実についても言及しない。

物語はまた、いわんや、米国経済に害を与えて、イスラエルが周期的に米国技術を盗んできた事実を省き、イスラエル支援が、アメリカ人に3-6兆ドルの範囲を費やさせ、これらコストが、エスカレートし続けていることに言及しない。


記事は、若いユダヤ系アメリカ人シングルの多くが「彼らの未来はイスラエルにあると気づいている。2002年以来、北アメリカやイギリスから、彼らと共に技能をもたらし... 学生や若い専門家7,000人以上が、アーリヤー(イスラエル市民権の「座にのぼる」)を果たしてきた... 」と報じる。

(略)

全文:CNI

 しかしながら、J14が示すごとく、イスラエルの物価高。イスラエルでの生活が困難で、50万人は米国に住んでいる。2002年以来、7000人以上が「アーリヤー」(いや、市民権を取れないユダヤ系も多いと思う、母親でなく父親がユダヤ人だったりして)を果たしたとしても、イスラエルを離れるユダヤ人の方が多いと、わたしは思う。


posted by mizya at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。