2011年09月05日

報告:イスラエルが8月に親-パレスチナ活動家15人を逮捕、30人を強制送還

2011年09月03日

パリ、(PIC)-- 親-パレスチナ活動家に反対する煽動の波で、先月、15人ほどの活動家が逮捕され、30人が強制送還されたと、フランス人権集団は、8月末を締めくくる報告で述べた。

報告は、過激派イスラエルグループが、ヨーロッパの反-アラブ、反-ムスリム組織から支持を受ける、シオニストロビーにより主導される「煽動キャンペーン」と呼ぶものの陰にあると述べる。

報告は、先月「小艦隊」に加わった親-パレスチナ(活動家)が、テルアヴィヴで逮捕されたばかりでなく、また、彼らの仕事から解雇され、彼らの写真が「これらは敵… 反-ユダヤ主義の支持者」のコメントと共にフェイスブックに掲載されたと付け加える。

シオニストロビーとイスラエル外務省は、親-パレスチナ活動を禁止するよう、多くの国に圧力をかけてきたと、声明は述べ、イスラエル軍が、先月のみで、外国人活動家15人を別々の場所で逮捕し、彼らを厳しい状況の尋問下に置き、彼らが被占領パレスチナ領域に入るのを阻んだと指摘する。

それ(イスラエル)はまた、エルサレムや西岸のいたるところで逮捕され、彼らが安全への脅威を引き起こしたと語り、領域(被占領地)に入るのを妨げられた、活動家30人を強制送還した。

組織は、親-パレスチナ活動家に対する危険な増大に関して、それがパレスチナ人を孤立させ、彼らに非人道的政策を課す企てと呼び、深く懸念されると述べた。

(略)

全文:The Palestinian Information Center


posted by mizya at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。