2011年09月06日

NYCのKeszler Galleryが伝えられるところでは容認できない展覧会のため、バンクシーの西岸ステンシルを取り除く

2011年09月01日

ニューヨーク市のKeszler Galleryでの認定されていないバンクシー展は、ギャラリーでの展示のため、明らかにオリジナル作品をそれら西岸の壁から取り外したと、アート解説者たちを怒らせた。

阻止の動きは、「2007年に西岸で開催されたサンタのゲットーイヴェントのため、バンクシーが制作したよく知られ、とても大切な作品を、無名の個人が、パレスチナに旅し、大胆に取り外した、Bankrobber Galleryと連携するKeszler Gallery」と語り、8月31日に最初、撤去が報じられた。

Keszler Galleryによると、展覧会は「ユニークなストリート作品で、ベツレヘム、ブライトン、ロンドン、ロサンゼルスの、そのオリジナルの場所から得られたプリント」で構成される。

原文:Huffington Post

関連記事:「西岸からのバンクシー作品2点が現在ハンプトンで売り出し中」Vulture
2011年09月02日

a_560x443.jpg
濡れ犬

どのようにして、ハンプトンのアートギャラリーは、元来パレスチナでステンシルした2点を含め、バンクシーの作品数点を展示したのか? それは実際、完全に明確ではないが、元来バス停に現れた「濡れ犬」と、元来精肉店の壁に現れた「停止と検査」が、現在、Keszler Galleryの売り出される作品の中にある。(略)

ヴィデオ:http://www.youtube.com/watch?v=VWlYok9HO20&feature=player_embedded

関連記事:「ギャラリーが論議を呼んだバンクシー展を防衛」artnet


posted by mizya at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。