2011年09月13日

主要EU諸国が国連でのパレスチナ国家宣言支持と世論調査

2011年09月12日

世界的な政治的ウェブ運動、Avaazのためになされた調査は、ドイツ、フランス、英国の市民、大多数が、将来のパレスチナ国家承認を支持すると示す。

Danna Harman and The Associated Press

ドイツ、フランス、英国の大多数の市民が、計画されている国連でのパレスチナ国家宣言を支持すると、月曜日の新世論調査は示した。

月曜日に公表された新世論調査は、ドイツ、フランス、英国 - パレスチナ国家宣言に関する闘いの票決に批判的3か国 - のすべての市民、大多数が、その指導者たちに、ニューヨークでの議論の際、パレスチナ国家承認を支持する国連決議に賛成票を投じるよう望んでいると示す。

パレスチナ国家支持でオンライン署名を運営する - 世界的な政治的ウェブ運動、Avaazに代わって、英国とドイツでYouGovにより、フランスでIfopにより、オンラインで実施された調査は、ドイツで、84%がパレスチナ国家支持、76%がドイツが今承認の行動をとるべきと考えている;それぞれ、英国での数字は、71%と59%;フランスでの数字は、82%と69%と、示す。

(略)

全文:Haaretz.com

 つまり、ドイツ、フランス、英国は、民主的じゃない。ニッポンはどうだろう、まあ、民主的じゃないと知っているけれど... もっと、意思表示を! もっとデモンストレーションを!


posted by mizya at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。