2011年09月14日

報告:トルコが小艦隊襲撃兵士らの氏名入手

IHH弁護士は、マルマラ乗っ取りに関与したイスラエル国防軍兵士10人以上の氏名を、アンカラ検察に手渡したと主張;検察もまた、兵士らの身元について情報局と交渉を始める。容疑者の可能性ある中に:ペレス、ネタニアフ、アシュケナジ

Ynet
2011年09月09日

パーマー報告に関し、イスラエル・トルコ間の高まる緊張のさなか、イスタンブール首席検事は、トルコ市民9人が殺された、マヴィ・マルマラ号への2010年5月の襲撃に関与するイスラエル兵士の身元を明らかにする要請で、トルコ情報局と交渉を開始した。

要請は、検察官が、昨年5月の情報のためイスラエル当局と交渉開始したが、返答がなかった後、現れた。

一方、小艦隊を組織したトルコ集団、IHHと提携する弁護士が、組織は検察官に、船に乗り込んだIDF(イスラエル国防軍)兵士の氏名10以上のリストを渡したと主張したと、トルコ新聞、al-Zamanは、金曜日、報じた。

「わたしたちは、イスタンブールの検察官にリストを渡しており、今、逮捕令状を待っている」と弁護士、Ramzan Turkは語り、リストは「事件を残念に思い、わたしに兵士らの氏名をくれた」他のIDF兵士らにより受け取られた情報に基づくと付け加えた。

Ramzanは、氏名を提供した兵士たちは、襲撃に加わっていなかったと述べた。

(略)

全文:Ynet news.com


posted by mizya at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。