2011年09月14日

NYTが「破壊的」国連投票に向けイスラエル・米国批判

New York Times社説は、会談を選んで国家宣言を引き下げるよう、アッバスを説得するオバマの試みを「熱意もなく説得力もない」と記述し;事あるごとに交渉を回避するネタニアフを酷評した。PA(パレスチナ自治政府)指導部を「パレスチナが今まで持ったなかで最も穏健」と称した

Ynetnews
2011年09月12日

New York Timesは、日曜日、「破壊的投票」と記述する、パレスチナが今月下旬国連にその国家宣言をする前に、和平交渉を再開し損なった合衆国、イスラエル、ヨーロッパへの激しい批判を浴びせた。

「合衆国、イスラエル、ヨーロッパは、妥協的解決を見つける試みで、力説や大胆さの不足を示してきた」と、社説は述べた。

「イスラエルと重要な地域のプレーヤー2ヵ国-エジプト・トルコとの間の不安にさせる緊張が、最近突発した後、行動の必要性はさらに重大だ」。

新聞は、和平会談を選び、その承認努力を引き下げるようパレスチナを説得する米国の試みを「熱意もなく説得力もない」と評した。

パレスチナ大統領、マフムード・アッバスの、米国は遅すぎるとの意見に言及し、NYTは「彼のフラストレーションは理解し得る」と述べた。

イスラエル首相、ベンヤミン・ネタニアフは、「平和努力に反対するどんな言い訳も使用」してきたと評された。

(略)

全文:Ynet news.com


posted by mizya at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。