2011年09月16日

パレスチナ国家:アル-ワラジャのオリーヴ樹 - ヴィデオ

アル-ワラジャ村は、エルサレムとベツレヘムの間の台地になった丘にある。世界の指導者たちが、国連でのパレスチナ国家投票を準備するとき、農夫、サラ・アブアリは、古代オリーヴ樹の傍らに立ち、1948年のイスラエル国創設以来、どのように彼の村が土地と人びとを失ってきたかを物語る

David Levene and Mona Mahmood
guardian.co.uk
2011年09月15日木曜日









原文:guardian.co.uk

アーカイヴ:イスラエル・ブルドーザが「アルバダウィ」に限りなくにじり寄る(07月30日)

「アルバダウィ」と名付けられた、世界最古、5,000年を生きたこのオリーヴ樹は、イスラエルが建設するアパルトヘイト壁のルートにあり、風前の灯、この古代オリーヴ樹を引き抜くために、イスラエルはアパルトヘイト壁のルートを決めたのか。


posted by mizya at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。