2011年09月19日

米国のシンクタンク:オバマはイスラエルへの軍事援助を再考すべき

2011年09月18日

影響力のあるCSISは、現在の指導者たちの諍いが個性の衝突を越えるものと述べる。
Natasha Mozgovaya

ワシントン - ワシントンの戦略・国際問題研究所(CSIS)により公表された新報告書によれば、合衆国の現在の経済的窮乏を所与とするなら、イスラエルのための援助は、今後当然と考えることができない。

『十字路:米国-イスラエル戦略的パートナーシップの将来』と題する報告書で、CSIS中東プログラム副代表、Haim Malkaは、両国間の安全協力が最高値に達したと述べたが、これは戦略的脅威の分析で、増大する違いを所与として変わるかもしれない。

「変わる政治的・戦略的環境、米国-イスラエルの協力関係の重い負担を所与として、今は、米国安全保障について困難な質問をする時である」と、Malkaは報告書に書いた。

その報告書は、イランに対する統一戦線を示すまことしやか同様、パレスチナ-イスラエル和平の展望に言及して、イスラエルとの安全協定を固める賛否を論じる。

(略)

全文:Haaretz.com
posted by mizya at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック