2011年09月21日

オバマの歴史的機会

2011年09月18日

推定ニューアメリカは、どのように、その邪悪な過去の同じ古くさい歌を歌い続けているのか??

ギデオン・レヴィ

アメリカ大統領は、その市民に何を言うだろう? 彼は世界市民に何を言うだろう? 彼は、パレスチナ国家承認への国の反対を、どのように正当化するだろう? 彼は、開花した - そしてそれほど開花されていない - 世界の姿勢に逆走するその姿勢を、どのように説明するだろう? 

そしてとりわけ、就寝前、バラク・オバマは自身に何を言うだろう? パレスチナは国家に値しない? 彼らには、イスラエルとの交渉を通じてそれを得る機会があるから? 彼らには、彼が確立するだろうとわたしたちが考えた新世界で同等の権利がないから? 彼が、日和見主義的選挙検討故 - そう、オバマは今、かなりの日和見主義者として曝されている - 彼はまた、イスラエルの(現実の)利益と同様、彼の国の利益も傷つけ、そして彼自身の良心にもまた逆らって行動していることを、彼自身に認めるだろうから? 

オバマのアメリカを理解するのは今難しい。チェンジを約束した男が、アメリカ保守主義の父と判明している。イスラエルに関して、彼と最近のティーパーティ参加者の間に違いはない。わたしたちは、ヒラリー・クリントンに大して期待しなかった;彼女は、交渉 - 狡渉 - について空虚なスピーチを暗唱し続けることができるが、オバマは?

(略:長い)

オバマはまた、イスラエルの将来に対する懸念、イスラエルへの偽りない友情が、パレスチナ国家設立の支持を含まなければならないと知っていると考えられる。それは、イスラエルに対して、合衆国に対して、全地域を引き立たせる爆発する導火線を中和する、唯一の方法だ。彼はまた、全世界に対するアメリカの姿勢が、米国指導者に対する世界の敵意を再び刺激すると知っている。そしてそのすべては - 何のために? 次の選挙での一握りの投票のために。それは、そうした高度に啓発された歴史の自覚を持つ非常に有望な指導者と見なされた人の不可欠の要素の弁解と看做され得ない。その任期第1期で、国の利益や自身の世界観を売る人は、第2期でも同様の日和見主義を示すだろう。

(略)

全文:Haaretz.com


posted by mizya at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。