2011年09月22日

パレスチナ人権集団スタッフがイラクで誘拐

2011年09月21日(水)
Saed Bannoura - IMEMC & Agencies

パレスチナ人権財団は、イラク内務省の服装着用のガンマンらにより、イラクの代表が誘拐されたと、水曜日、報告した。

財団は、水曜夜、クサイ・アブドゥル-ラウーフが、バグダッドのアルバラディーヤ地区のパレスチナ難民に対し、イラク軍により遂行される増加する攻撃を記録する巡回中だったと語った。

彼の記録巡回中、黒天幕のシヴォレーが彼の近くで止まり、内務省下管理のイラク軍服装着用のガンマン3人が、暴力的に彼を車輌に押し込み、走り去った。彼の行方は、この報告時点まで知られていない。

パレスチナ難民は、いくつかのグループから、元イラク大統領、サダーム・フセインの支持者だったと非難され、イラクで、誘拐や殺害の対象となる。
何十もの攻撃が、2003年のイラクへの戦争以来、難民何百人もに、死、負傷、誘拐を引き起こし、パレスチナ難民に対して遂行された。

8月初め、イラク駐在パレスチナ大使、ダリール・アルカッスースは、イラクのパレスチナ難民の状況が、地球上のどの場所と比べても最悪と述べ、イラクのパレスチナ人数が、米国主導の戦争前の35.000人から、22.000人に落ち、7.000人まで下落し続けたと付け加えた。

(略)

全文:International Middle East Media Center


posted by mizya at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。