2011年09月22日

アル-ジャジーラ・チーフがカタール王室メンバーに取って代わった

The Irish Times
2011年09月21日水曜日

IAN BLACK LUKE HARDING

TVスクリーン、深い革のソファ、国際的メディア賞の壁に囲まれ、巨大な机の向こうに座るワダ・ハンファルは、カタールの首都、ドーハのアル-ジャジーラ本部の彼の総長オフィスで、常に印象的姿を刻んだ。

しかし、アラブ世界で最も重要なニュース組織トップの彼の経歴は、カタール王室メンバーが彼の後任となって、昨日終了した。それは中東を横断して先例ない騒動のときの、突然で劇的動きだった。

アラブ・メディア景観革新で称賛されたハンファルは、衛星ネットワークの名声と彼自身の非常に影響力ある地位が固まった8年後に辞任していたと語った。

新支配者は、アフマッド・ビン・ジャッシム・アッターニ首長、ほとんど知られていないQatargas幹部で、途方もなく裕福な湾岸国家支配王家のメンバー - より大きな支配行使の試みを明確に指し示す。

ハンファルは、カタールにとり、あまりにも独立した名士となり、彼らからの圧力を受けてきたと考えられる。最近、アル-ジャジーラは、サウジアラビアが地域政策を支配するバーレーンでの暴動に手心を加えたと非難された。アル-ジャジーラのレバノン・チーフ、ガッサーン・ビン・ジッドは、見たところ、反乱のいくつかの報道に関する意見の不一致で4月に辞職した。

しかし、ハンファルは、彼の離脱が、カタール王室、米国あるいは他の誰かからの外圧に関係するとの憶測を否定した。「わたしは、ネットワークで8年を過ごした。わたしたちは、変化について、ポストに何十年もとどまる大統領について、世界のこの地域で話しあってきた。わたしは、同様に例を与えるのはいいかもしれないと思った、一方、ネットワークがその実績の絶頂にある。それは申し分ない瞬間だ」と彼は語った。

パレスチナ生まれのジャーナリストは、彼の辞任が、ツイッター上での「憶測のどれとも関係ない」と語り、また、彼が「2、3か月前」アル-ジャジーラ委員団と降りると合意したと語った。

今年のチャンネルの報道を「驚くべき」と評し、彼は付け加えた:「わたしたちは、人びとと共に立ち、彼らの自由を支持した。わたしは、ネットワークの独立を維持した... わたしは、これは継続するだろうと思う」。

「それは激震だ」と、AJ Englishチャンネルのある記者は語った。「わたしたちは皆、衝撃の中にいる。これは、流星のように登り詰め、ゲームの非常にトップにいた男だ」。カタール政府に近いアラブ情報筋は、動きが6か月前に計画されたと語った。

(略)

全文:IRISHTIMES.com


posted by mizya at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。