2011年09月29日

イスラエルが新規承認住宅は「入植地でない」と語る

2011年09月28日

エルサレム (AFP) -- イスラエルは、水曜日、その領域は「入植地でない」と主張して、パレスチナの東エルサレムに併合したギロに新住宅1,100戸を建設する計画への国際的抗議を拒絶した。

「ギロは入植地でもなければ、入植前哨基地でもない。それはエルサレム中心の不可欠な一部を構成する地区である」と、イスラエル官僚は、Agence France-Presse (AFP) に告げた。

火曜日にイスラエル内務省により仕上げられたその動きは、パレスチナ自治政府からの激しい言葉の応答と、ヨーロッパ、米国、中国から一斉の非難を引き出した。

ギロは、イスラエルが、1967年の六日戦争で、西岸と共にヨルダンから攻略したエルサレムの一部にあり、国際社会により承認されない動きで、後に占領し併合した。

(略)

全文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。